一度いったら忘れない!魚屋の店先で食べる、本マグロとふぐ鍋!

食べる”挑む”

まるで正月!贅沢本マグロ刺身盛り、豪華ふぐ鍋!

これ・・・なにが挑むなのかって?

この魚屋さん、2階があるわけでも、部屋があるわけでもない。
そうフルオープンです。
1月の極寒の中、屋外での宴会です!

※これ、おそらく夏も過酷な環境だと思います・・

挑戦日: 2019年 1月27日 江東区、大島駅

やってきました。江東区は大島。

Wikipediaによると、この地名。
やっぱりもともと島だったそうです。

正保年間(1644年 – 1647年)ごろに、海岸の低湿地を開発して村が作られ、約250年前の「元禄図」に初めてその名が出ている。当時比較的大きな島であったので、この地名がつけられたとされる。

Wikipedia

そんな大島駅のサンロード中の橋商店街を歩いていくと、ありました今回の舞台!
味雅「みまさ」さんです。

予約をしていていたので、鍋の準備をしてくださっていました。

すべてが豪快な料理たち。

ふぐの皮。ふぐは調理方法が難しいので、免許がないと食べれません。

そして、こっちがふぐの身!
こんなにまじまじとふぐをみたことがないです。。

大好きな本マグロ。
結構男らしく切ってあるので、醤油皿にいれると山のようにはみ出る。
これ、食べごたえすごいですよ!

「ああ、いついっても正月のようなめでたい気持ちになれるなんて!

大島の商店街すごい!

すぐにぬるくなる熱燗。ビールが喜ばない気温。

と、ここまで結構楽しそうなのですが・・
ビジュアルはこんな感じで、不思議。
住宅街に折りたたみ椅子を出して、お祭りをしているオジサンみたいなビジュアル。

全然、カウンターで楽しんでいる見た目には見えない。笑

そしてやっぱり温度はネックですね。
この日の気温は、最低気温2度。

熱燗もあっという間にぬる燗に。

ただ・・この寒い中たべる暖かいふぐ鍋は絶品。
寒いからこそ、体にしみる鍋。

みてください!このプルプルのふぐ。

あとは、店主の方々が冗談交じりのコミュニケーションをとってくるのがとても面白い。

一度いったら忘れられない経験ができる数すくない店です。

暖房も、ひざ掛けもないし、お刺身の盛り合わせも結構男性的。
まるで海岸沿いの魚屋さんや、小料理やさんにきたかのような気になれますよ!


コメント

  1. てぃてぃ says:

    ちょうどいい気温の日にあちしもいきたいです😋

タイトルとURLをコピーしました